困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののそうです。
結婚する前からと合わせると浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹が立ちます。
そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、何度も浮気するのって、限度があると思うんですよ。
許したところで繰り返すでしょうし、共にいる自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。
話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」のちがいです。
厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体関係があることを言うのです。
もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に代償として慰謝料を請求することが可能です。
怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って不貞行為の証拠を押さえ、賠償請求を相手に突き付けることにより懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つといった使い方もあります。
これから探偵業者を使おうと思ったら、とりあえず電話をかけてみることからスタートです。電話口での相談で相手の応対を見て、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。
相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、納得したら契約を締結し、そこでようやく、探偵による調査が開始されます。
浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方の心をケアをしてくれる専門のカウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)があります。プロのアドバイスを受けつつ、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。
浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いそうです。
また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)は相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。最近は探偵も興信所もその差は名前だけです。
どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
ですから、不倫の調査をして貰う分には、同じものと思っていただいて支障はありません。
ただ、ある程度、得意不得意などもおのおのの会社で違ってくるので、そのあたりはおさえてから契約したいものです。
奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵に調査して貰うという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。
ときには「素人探偵」が活躍したりもして、なんだか簡単にできてしまい沿うに思えます。でも、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのはすごく難しいです。
相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、その道のプロである探偵社に任せることを強くオススメします。
探偵は調査が終わると調査報告書を製作しますが、特にフォームに決まりはありません。
それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場での利用を考えているなら、証拠書類として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書であることが大前提となります。調査報告書の利用方法を考慮した末、探偵社の中でも相応のところに依頼しなければなりません。
浮気していたことがわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。
たとえば、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が証拠として認められることが増えました。探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。
浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこが良いやらピンとこないのが一般的なのではないでしょうか。
探偵業務をおこなう事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。
認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、正規に開業している業者か、違法な業者かは、この番号を見れば確認できます。
ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号がけい載されていることを確認して、依頼するようにしてちょうだい。
興信所のしごとと聞いて、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。
密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに後を追って、依頼された証拠を得るまで調査するのです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に想定しておかねばなりません。予想しえないことに備えて動くのが、このしごとなのです。