探偵の調査能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。
規模の大きなところは相談員や調査員の教育にも積極的でそれはシゴトの成果にも表れてくると思います。探偵と興信所はどうちがうのかと質問されることがありますが、ちがいといえば単なる社名のちがいと思って頂いて構わないでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは共とおしています。
浮気の追跡調査などを依頼する際は、特に気にすることはありません。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、業者によって異なりますので、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。
浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは困難でしょう。
ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。
浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。
多少出費はかさみますが、浮気相手と出かけているときの(子どもや動物は特に撮るのが難しいといわれています)等、あきらかな証拠が得られるでしょう。
気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。
結局のところ、不倫は何も生み出しません。
もし、今の家庭環境に不満でも、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、幾らなんでも都合がよすぎるのではないでしょうか。本来は夫婦の問題であるのだから、そのようなことで解消するとは思えませんし、お子さんがいるご夫婦なら無責任(具体的には色々な取り方があるものですが、辞任する、辞めるという取り方も少なくないですね)もいいとこだと思います。
アトで後悔してもしりませんよ。配偶者の不倫行為により、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。証拠に採用されるものとしては、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、二人でラブホテルを利用している(子どもや動物は特に撮るのが難しいといわれています)や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。
また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として認められるケースがあります。これから配偶者の浮気について、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、価格の安さが気になりますよね。
確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は安易に契約を結ぶべきではありません。
価格なりの低レベルな調査に終わるケースもしばしば見られるのです。契約の前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。
調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、特にフォームに決まりはありません。
しかし、調停離婚や訴訟の場での利用を考えているなら、やはり証拠として認められるよう、要点を踏まえた質の高い報告書でないと意味がなくなってしまいます。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、目的に合った事業者を選定するのをお奨めします。
32歳の主婦です。
6つ年長の夫とおこちゃま立ち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、親をふくめて話し合い、仲人さんにも話して、離婚することになりました。まだまだ手のかかる年齢のおこちゃまを、今後は私がひとりで育てる所以です。簡単なことではないでしょう。
私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士の方にお願いし、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作って貰いました。不倫の双方が既婚者である場合、浮気を辞めようと思った理由には、パートナーとの間におこちゃまができたり、あるいは欲しがられ立というのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。
裏切っていることに対してあらためて自責の念を感じ、W不倫の現実に嫌気がさしてきたりするようです。それに、職場が変わったり自宅が転居し立ときも今までと勝手がちがうため、今までの罪の意識も手伝って、別れを切り出すきっかけになるのです。良いシゴトをしてくれる探偵社を選ぶには、調査相手の居住地に近い業者に限定すれば探偵の数も絞れます。
地元に精とおしていれば、それだけ詳細な調査ができますし、高精度な報告ができるでしょう。
また、依頼する案件によって向き不向きもあるようですし、先にウェブで情報収集しておき、電話で話をして確認しましょう。