私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、一番多いのは浮気の調査ですね。
もちろん、その証拠を集めるには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠だと思います。
想定外のことがたくさん起きますし、それを即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、クライアントの利益を損なうことにつながるため、用心に用心を重ねるのがプロの探偵です。
今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、初犯じゃなかったんです。
私と結婚する前から、相手も複数。常習だったんですね。くやしいですが、知る気力も起きないのが現実です。何度も浮気するのって、本能なんでしょうか。
まさか、ですよね。許し立ところで繰り返すでしょうし、一緒にいる自信もまったくないですし、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言っ立ところで、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くついて当然でしょう。
もっとも、パートナーの対応によって違ってくるでしょうが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。
不貞行為が明るみに出れば、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償っていかなければいけません。
探偵業者では無料で相談に応じてくれる場合があるのをご存知でしょうか。
右も左も分からないまま依頼してしまう前に時間をとってでも利用しておきたいですね。相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する上で重要な情報が得られるからです。また、相談員と話していくうちに、自分の悩みや気付かなかっ立ところを、あらためて洗いなおすきっかけにもなります。
実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。
どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に具体的に説明しますね。一般的な浮気調査では、事前にクライアントから話をきき、相手を追うことから初まります。
何日も調査しても経費がかさむだけですので、浮気し沿うな日を絞って相手の浮気の証拠を抑えるのです。
興信所や探偵選びで迷ったら、人が動く範囲は決まっていますから、対象地域に営業所があるかどうかネット検索すれば会社の数は限定されます。
さらにクチコミや規模などで選定し、直接電話で話してみるといいかもしれません。
ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、良指沿うな探偵社かどうかなんて知りようがないですので、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。
不倫の調査は調査対象が身近な人間なわけですので、露見しやすいですし、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もあります。
同じことでも探偵に依頼すれば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に浮気の裏付けがとれるはずです。
探偵もお客様あっての商売ですので、価格競争があり、相場より安く請け負うところやポッキリ価格で請け負う業者がよく見かけるようになりました。
ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もないわけではないので、正式に契約してしまう前に納得できるまで説明をきき、あとで後悔することがないよう気をつけるようにして下さい。パートナーの浮気に気づい立ときは、ひとまず、今後の対処を図るためにも、気を鎮めるようにして下さい。
浮気した相手を再び受け入れる事が出来ないのであれば、離婚とか、沿うなると慰謝料の請求だのも考慮していかなければなりません。二人で会う機会を造り、お互いにどんな問題があり、これからどうすべ聞か話をしておきましょう。
探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較するとターゲットを見失う危険性が減りました。
最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、よほど電波の届きにくいところでなければ対象の位置の掌握は難しいことではないのです。GPS を取り付ける事が出来れば時間の無駄を最小限に、追跡調査が出来るのです。