以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、こちらの気持ちをよく理解してくれた興信所に頼むことにしました。わかってて依頼したものの、証拠を見てしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。
いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。
探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。インターネットで検索してみると興信所や探偵社の評判が出てくるはずです。
都内在住なら自分の住んでいる区内から評価の高い業者を見つけ、相談を持ちかけてみれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。
探偵社の調査代金の精算の仕方ですが、名のしれた大手探偵社等ではクレカ払いや分割払いに対応しているところもあります。
すぐにでも浮気調査をしてほしいのに支払いでためらっているのであれば、分割OKの事業者を探して依頼するのも手だと思います。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。
ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。
人間はウソをつくときほど快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。
また、少し訊かれただけで、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。
やましいと思っているほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。
また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも分かります。
こちらが落ち着いているほど効果的です。
人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言うのです。でもそうなったら訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかとアドバイスしたんです。
なんだか妙に納得されました。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは困難でしょう。
とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、話を進展させるうえで役に立つでしょう。
浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。
調査費用はかかりますが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。
4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。
夫は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、最終的に離婚という結論が出ました。
親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てていくわけです。私の怒りや戸惑いは後回しにして、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。
悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。
業者の場所や連絡先等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。話の整理がつかなくても質問に答えていけば、どの程度の調査でいくら位のコストになるか見積書が作成されます。
費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。
見積りをもらってから、価格と調査内容を照らしあわせて考えてから依頼することもできます。
私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも要すると思います。
それに、思いがけない展開でも、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。
対象となる人物に調査案件が知れてしまえば発注者の安全と利益を損なわないよう、細やかな注意を怠らないことが探偵としての常識なのです。
完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。
不倫の相手のほうではあまり深く考えていないという実態もあります。
賠償を求めることで、彼らがやったことの反省を促すことができるでしょう。
浮気調査で探偵社を使うときは、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、時間もコストも削減できます。
わかっていることまで探偵に調べさせると、一から浮気の証拠を得るのですからムダな時間を要するのです。一緒にいれば判ることも多々あるでしょうし、とりあえず記録や観察に努めると良いでしょう。
探偵社には調査報告書というものがありますが、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。もし裁判等で使う際は、やはり証拠として認められるよう、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社の中でも相応のところに依頼すると良いでしょう。
名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。
双方とも探偵の業務を行うという点では共通しています。もし依頼するのが尾行調査などであれば、特に気にすることはありません。
と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、業者によって異なるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。
相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯の履歴を見ようとしたのですが、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、主婦のへそくりもないので、思案中です。
いまどきの探偵業界の傾向として、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところがあるのをご存知でしょうか。
大事な案件を発注するのですから、活用して損はないと思います。
その会社の対応状況などを判断する指標になるからです。
親戚でも友達でもない第三者に相談することで、頭の中でもやもやしていた問題を整理することもできます。
夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、興信所で調べてもらおうと考えているなら、一律いくらとか安価なところは魅力的です。ただ、理由もなく安い場合は用心したほうがいいです。
価格なりの低レベルな調査に終わるパターンもあるわけですから、調査を頼む際は、誠実な会社なのかどうかは、しっかり確認しておきましょう。
探偵を雇うには、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。きちんとした会社に仕事を依頼するには、少し手間をかけても複数の会社を比較することが大事だと思います。
調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは知っておきたいものです。悪質な価格設定の探偵から身を守る予防線のようなものです。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、両者には大きな隔たりがあるんですよ。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、興信所や探偵社のほうは、その地域の警察署を通して公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。
法規制がない便利屋と違い、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、相手に露見するようなことは、まずないはずです。
とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。
報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつもと同じように生活するようにしましょう。
配偶者が不倫していたことが原因で別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停が必要になる場合もあります。家事調停委員が加わり、離婚のための意見調整を行うため、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。あまり怖がる必要はないでしょう。