パートナーの不倫が露見したら、誰だって頭の中が混乱するものです。
しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。浮気はどう言い訳しようと、した人間の方に責任があるのです。
あなたの胸の内では割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を要求するのは当然のことです。
アラサーの会社員です。同い年の妻がいますが、子供はまだいません。
私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、まさかの不倫発覚。
妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、それっきり話もしません。
頭がパニックです。
浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。
このままなかったことにするつもりなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査をしてもらうときは料金がつきものです。
同じ調査でも調査員の業務内容により、料金は異なります。
追跡して行動を窺うような調査だと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。
期間、季節、時間帯などによっても料金に差は出てくるので、所要時間が多ければ、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。
そのような方のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。専門家に話を聞いてもらいながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。
最も身近な人物に欺かれていたために、パートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるような人も少なくないです。
それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。探偵を使い慣れている人っていませんよね。配偶者の浮気で、探偵に調べてもらう際は、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。
しかし安さの根拠も定かでない会社は用心したほうがいいです。やはり安かろう悪かろうという場合もあるので、これから依頼するのであれば、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。
探偵社に尾行調査を依頼する際、個人情報をできるかぎり知られたくないという人も少なくないでしょう。
依頼に先立っての相談段階では詳細な個人情報は不要という会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。ただ、仕事として依頼する際はどのような会社でも契約が必要です。
そこで必要な個人情報の開示は不可避です。本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫の対価はおそらく高くつくでしょう。パートナーがどういう態度をとってくるかによって違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、慰藉料を請求されることだってあります。
本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償わなければいけないのです。
私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。
いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。
嘘をつく人間というのはカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。
また、簡単な返事で済むところを、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。
やましいと思っているほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。
落ち着かず目を泳がせるので、見ていて簡単にわかるものです。
個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をしてもらうことは正直ムリですので、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。
安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルに発展することがあります。後悔しないために、依頼前に情報収集を行い、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。
普通の仕事への対価と比べると、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、安いとは言えません。割安だからと安易に業者を頼んだものの、裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、お金の無駄どころではありません。
大事なのは調査の能力の高さですが、調査料が高額であるほど調査能力が高いかというと、それは一概に決めかねるところがあります。
常に相手が警戒している場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは困難でしょう。
とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、何かと便利に使えるでしょう。
もし浮気の確証がもてるようなら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。多少出費はかさみますが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。ハイテクが日常生活に浸透している現代では、個人でもGPS機能を使えば浮気を発見することが容易になりました。
スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使用させることにより、相手の現在位置が分かってしまうのはすごいですね。法律に触れることはないので、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、これを使ってみるのも手ですね。
特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、両者には大きな隔たりがあることにお気づきでしょうか。
便利屋でしたら無届けでも開業できますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業開始届出書類を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。
こうした手続きを踏んで、専門的な仕事をこなすのが探偵社です。夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、これは浮気しているなと思いました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、チェックしてみましたが、なんと、ロックしてあって、見れなかったんです。かくなる上は探偵しかないだろうなと思ったものの、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、二の足を踏んでいます。複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。
その中で、格安価格を売り物にしたり、ポッキリ価格で請け負う業者が増えてきました。
そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあり、あとになって料金が割高になることもあるので、契約する前に、価格や内容をよく確認し、請求トラブルにならないよう気をつけましょう。
やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまうケースもままあります。浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。
胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を頼むなどして、きっちり不倫の裏付けをとり、責任をとらせるべきではないでしょうか。W不倫、しかも職場って多いんですよね。
ただ、知られたところで、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で解雇することは難しいといわざるを得ません。
ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、現実的には口頭注意ぐらいで、それ以上の処分にはならずに終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。
持ち歩いていて何かと便利なスマホ。
しかしそれが元で浮気がバレたというパターンも増えています。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っているかもしれません。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと考えて間違いないでしょう。世間的には離婚した際、浮気していた側は子供の親権がとりにくいと思われているようです。
倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。基本的に親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかといった点を見ていきます。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられているわけです。
一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、追加費用を加算したりして高額な請求を行っているケースも見られます。
調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、一概に釣り合っているとは言えません。けして安くはない代金を支払った挙句、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんてことにならないよう、業者を決める前に尾行調査の妥当価格ぐらいは調べておくべきです。