持ち歩いていて何かと便利なスマホ。
しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースが増加しています。
高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに浮気の証拠が残っている可能性は高いです。
肌身離さず、ロックまでかけている場合は、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。
探偵業者に回ってくる依頼の多くはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。
ちょっと気にかかることがあるから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、ニーズに応じた調査を行います。
とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠が明白であることが大事ですし、専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、破格値で調査してくれるところとか、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増加する傾向にあります。
とはいえ、オプションがついたりすることも多いので、もしそこに依頼するなら、納得できるまで説明を聞き、請求トラブルにならないよう気をつけましょう。
不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、請求トラブルに発展することがあります。先に見積もってもらった金額に高額なオプションが付加されたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金を請求されることもあるのです。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックしておくことが大事ですね。料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、新しく業者を見つければいいのです。探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。
こう考えたあなた、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるんですよ。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業を始める際は、その地域の警察署を通して公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。
こうした手続きを踏んで、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。
浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも簡単に個人情報を開示するのはイヤという人も少なくないでしょう。相談して仮見積りを出すところまでは詳細な個人情報は不要という会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。その後、調査を依頼するには契約や詳細説明は必須ですから、必要な個人情報の記入は避けられないでしょう。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、「ばれてしまったから」です。
とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しく、気分的にも良いものではありません。
結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せる方が、確実性があるというものです。
とはいえ、不倫の気配に気付くまではあくまでも自分自身でやらなければいけないのです。
たちの悪い興信所にあたってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。
事務所に相談に行った際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは要注意です。
帰宅したあとに、やたらと電話で勧誘してくるのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。しっかりした探偵社なら、依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。公務員の夫は29歳。私も29歳。
7歳の男の子と5歳の娘がいます。
先月半ばに彼の職場不倫がわかり、双方の親も交えて話し合い、離婚ということで合意しました。親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていくのです。
感情的にはもやもやが残りますが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、安全のために公正証書を作成しました。
もし配偶者が浮気していた場合、慰謝料の支払いを求めることができます。
しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、自分の立場を主張することに躍起になって、なかなか話がつかないことが多いです。
もめ方によっては訴訟になるでしょうし、そうなれば弁護士に相談し、トラブルにならないよう交渉してもらうのも「あり」ではないでしょうか。探偵がしている仕事(行動)として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておかなければなりません。想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。
不倫は家庭も人も壊します。
そのような中で傷ついた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。
経験値の高いプロに相談することで、心の傷を癒し、前進していけるのです。浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるという相談もしばしば聞かれます。
もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査をしてもらうときは料金がつきものです。
調査員が行う作業いかんで見積り額も変わってくるでしょう。
もっとも依頼の多い追跡調査ですら、所要時間というものがあります。
日時をどのように区切って依頼するかによって料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、必然的に費用は多くなります。
尾行で探偵必携の道具というと、従来は発信機がありましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると追跡性能が向上しました。
近頃のGPSは精度も高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、車両を発見することは簡単になりました。
外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾の成功率はグンと上がるのです。
先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいのだそうです。
結構マジメな話です。ただ、裁判となれば裁判費用などがかかるのではないでしょうか。
不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言っておきました。
興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、料金でしょう。ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで増減します。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円程度とされています。
相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、プロに相談して見積もってもらうのが一番早い方法だと思います。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。
意外とそんな人は多いです。
ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないのではないでしょうか。
不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、有利なのは確かです。
自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。
浮気調査というものは、対象と近すぎる間柄の人が行うと、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も想定しておかなければいけません。
興信所の調査員に依頼すると、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに証拠を集めることができるはずです。トラブル回避のためにも利用をお勧めします。参りました。うちの旦那さんの浮気って、初犯じゃなかったんです。
私と結婚する前から、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。
終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気は男の甲斐性ですか。
それってどうして直らないんでしょう。一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす気力というのがなくなってしまって、いいかげん別れるしかないでしょう。
一般に知られている通り、同窓会での再会は、なにげに不倫に進展するケースが多いことが知られています。
かつて好きだった人と気軽に喋れたり、元クラスメイトということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、気持ちが通じやすくなるのです。
クラス会が終わってから、いままでと違った行動パターンをとるようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。