興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子にもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。
連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、累積として一層厳格な処置が必要なのではないでしょうか。
クラス会やOB会では浮気のきっかけになるケースが多いことが知られています。
なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、級友同士ということで異性であることをあまり意識しないため、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにいままでと違った行動パターンをとるようになったら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。常に相手が警戒している場合、不倫の証拠を自分で見つけることは、至難の業です。
でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を進展させるうえで役に立つでしょう。
ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。
調査費用はかかりますが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、しっかりとした証拠を揃えることができます。以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、インターネットで調べてみたんですけど、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。
比較のために何社か連絡してみたのですが、もっとも相談員さんの対応が良かったところに依頼しました。
しばらくして報告書を受け取ったのですが、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、浮気の追跡調査です。
それをベースに探偵の調査手法をおさらいしてみましょう。標準的な尾行調査としては、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。
いわゆる「尾行」です。何日も調査しても経費がかさむだけですから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、不貞行為の証拠を入手します。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。
実際そうでしょうね。自分の欲求のためなら、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情がばれたら終わりと不安な思いをして暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。
探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。こう考えたあなた、歴然とした法律上の違いがあるんですよ。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業となると、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届や誓約書等を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。法規制がない便利屋と違い、専門的な仕事をこなすのが探偵社です。
私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠です。その上、突発的な事態に対し、即座に判断して行動する応用力も必要です。
不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、用心に用心を重ねるのは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。
スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。
ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)チェックしてみましたが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、手も足も出ませんでした。こうまでしてあるからには、もう、探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、二の足を踏んでいます。
素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのがやはり一般的ですね。代金に見合った仕事をしてもらうためには、1社だけでなく複数の業者をみてみることを強くおすすめします。
調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは知っておく必要があるでしょう。法外な請求をしてくるような悪徳業者にはまらないようにするためには必要なことです。
もし配偶者が不倫している疑いがあり、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、一律いくらとか安価なところは魅力的です。
ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、注意が必要でしょう。
価格なりの低レベルな調査に終わる例もあるわけですし、これから依頼するのであれば、信頼に値する業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。配偶者の不倫行為が発覚したら、ベストな対応をするべく、気分を落ち着けて、いつもの自分を取り戻すことを優先しましょう。
浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚と慰謝料だのも考慮していかなければなりません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これから先どうしていくか考えていくようにしましょう。
どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者が増加する傾向にあります。
ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合も多いので、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、時間とお金を無駄にすることがないようにするべきです。
尾行調査で探偵社を使うときは、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、料金請求時に安く済むでしょう。なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、不倫の裏付けをとるために時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。
そばにいれば気付くことも少なくないでしょうし、とりあえず記録や観察に努めると良いでしょう。
調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。ですから、もし悩んだら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。
所在地や取扱案件などの企業情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。
話の整理がつかなくても質問に答えていけば、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか仮見積もりを出してもらえます。
無料で見積ってくれるところもありますし、納得いくまで検討するといいでしょう。
パートナーに浮気され裏切られた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。
経験値の高いプロに相談することで、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。
浮気によって相手と別れても他人を信用できなくなったり、積極的に将来のことを考えられなくなることも多いようです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。
離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。
しかしそこまで重たく感じることもないと思います。
離婚云々はさておき、動かぬ証拠を握っておいたほうが、絶対的に有利というものです。
あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、白黒つけたいと思うなら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。
配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。
ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、気付かれるような可能性はまずないといって良いでしょう。また、意外なところでは、調査を依頼したことで依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、気付かれてしまったという事例もあります。
探偵の報告書を受け取るまでは、いつもと同じように生活するようにしましょう。
調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。
肝心の精算の仕方ですが、名のしれた大手探偵社等では分割払い(クレカかローン)に対応しているところもあります。
すぐにでも尾行調査をしてほしいのに一括で払うのは難しいというときは、分割払い可の業者を中心にリストアップしていくといいのではないでしょうか。
調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。
ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの使用が前提なら、なんでも証拠になるというわけではないので、良質な情報を備えた報告書であることが大前提となります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別する必要があるでしょう。