困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。
入籍する前から幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。
今さら知りたいとも思いませんが、何度も浮気するのって、こんなにも直らないなんてあるんでしょうか。
謝られてもこれから一緒にいる意味がわからなくなったので、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは思うような結果にならないかもしれません。つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。
そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。
思いこみで裁判に負けることを回避するには、調査で証拠を確保しておくことは大事です。
「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫行為の代償というのは高くついて当然でしょう。配偶者の出方次第で違ってくるでしょうが、家庭が滅茶苦茶になったり、慰藉料を請求されることだってあります。
不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償っていかなければいけません。
再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも禁断の恋に陥ることも大いにありえます。
好きだった人が素敵な大人になって現れたり、元クラスメイトということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、気持ちが通じやすくなるのです。
もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに配偶者が不審な行動をするようになったら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。
特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。
便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、興信所や探偵社のほうは、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業届や誓約書等を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。管轄官庁による管理が必要なほど大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。
どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求額でもめるケースがないわけではありません。
先に見積もってもらった金額に諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合は違約金を請求されることもあるのです。
トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認するのは不可欠なのではないでしょうか。そのときの説明で納得がいかなければ、別の事務所をあたることだってできるのです。
昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。現在はネットが普及して、調査内容の信頼度や請求などについても評判を集めるのは可能です。
安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高額なのにそれに見合っていない業者に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、質と価格のバランスが良い業者を見つける手間を惜しまないことが大切です。
配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、ぜったい裏付けをとるべきです。あきらかな不倫の証拠というと、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。
シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるのは困難でしょうから、探偵を雇うなどのプロのワザも検討するといいでしょう。
旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。
気をつけるべきなのは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。男の人のプライドを大事にして、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女らしいふるまいを心がければ家庭内も円満で浮気される心配もないと考えているのですが、甘いですか?ほんの火遊びのつもりでも、された側にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。
そんな不埒な行いを放置するというのは不可能でしょう。
不倫行為の裏付けをとる手段は身近なところでケータイチェックでしょう。
メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。探偵に尾行調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。ただ、あまり深刻にとらえることもないと思います。
もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利であることは間違いありません。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵調査を頼むのが最もストレスの少ない方法だと思います。
昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は同じだと考えていいでしょう。
離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのが是非とも欲しいところです。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。
仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に役立ってくれることでしょう。
探偵を使い慣れている人っていませんよね。
配偶者の浮気で、初めて探偵業者を利用しようというときは、価格の安さが気になりますよね。しかし安さの根拠も定かでない会社は気をつけた方がいいです。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っていることがありますからね。調査を頼む際は、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。
実際そうでしょうね。
どう言い繕ったところで自分の幸福のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、うまく結婚したところで、自分たちの事情がばれるの怖さに嘘をついてやっていくのですから疲れるでしょう。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、そう落ち着いてもいられないでしょうね。探偵社の調査員になって5年目ですが、不倫の証拠集めにはそれなりのワザとカンを必要です。
それに、思いがけない展開でも、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないとクライアントの利益を損なうことに繋がるため、徹底的に注意を重ねるのが大事です。信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。
依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で探索を行うこともあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、交友関係を絞っていき、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行うことがあります。
また、社外秘として依頼者にも開示しない調べ方があるとも言われています。たちの悪い興信所にあたってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は用心してかかるべきです。帰宅したあとに、しつこい電話勧誘がくるのは劣悪な業者とみて間違いありません。
普通の営業をしている探偵業者なら、けしてそのような行為はありません。
不倫調査を頼む際は、どんな目的でどのような調査をしてほしいかきちんと話し合っておく事が必要不可欠です。配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。その希望次第で調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。探偵社に任される仕事というと、その大半は素行(不倫)調査ではないでしょうか。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをおさらいしてみましょう。
調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、不貞行為の証拠を入手します。
ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。結局のところ、不倫は何も生み出しません。もし、今の家庭環境に不満でも、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、いくらなんでも都合がよすぎるとは思いませんか。
夫婦の間で生じた不満なら、不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。
あとで後悔しても知りませんよ。