主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。
それは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。
要望やお願いはいっぱいありますが、本心からの喧嘩に発展しそうなことは言いませんし、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。
男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、外見にも気を遣い、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えているのですが、甘いですか?探偵がしている仕事(行動)として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。相手にわからないよう後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。
悟られることがまずないとはいえ、尾行する人間は相手の行動を冷静に先読みして予測しなければいけません。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。
やはり不倫の証拠写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンは決定的です。
撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、肝心の画像が上手にとれないことが少なくありません。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影したいのであれば、探偵業者を利用したほうが賢明でしょう。
不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。
そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。
疑わしい様子なら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、いたずらに心配せずに済み、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。
調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーというわけではなく、たとえば規模の大きな探偵業者ではクレジットカードでの決済に対応しています。
もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多いので、調査をしたことがパートナーに分かることはありません。
クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。
持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で隠し続けていた浮気がバレるという例も増えてきました。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのSNS履歴やメール、フリーメールあたりに浮気の証拠が残っていると考えるのが妥当でしょう。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思われます。
警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。
探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、特にフォームに決まりはありません。
とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに利用する可能性がある場合は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、要点を踏まえた質の高い報告書でないと困りますよね。
あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社の中でも相応のところに依頼すると良いでしょう。
配偶者の不倫行為が発覚したら、ベストな対応をするべく、気を鎮めるようにしてください。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。
一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話をしておきましょう。
浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、女性も浮気しますよね。
スポーツや自治会、子供関連と、女性だって出会いのチャンスはたくさんありますし、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増えてきていて、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが珍しくもなくなってきました。
興信所に浮気調査を依頼すると、テレビでよくやっている探偵物のような方法で調査をすることも、ないわけではありません。尾行や張り込みはもちろん、対象の行動半径や関係者を洗い出し、場合によっては周囲に聞き込みなどもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。また、社外秘としてクライアントでさえ知ることができない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。
許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。
だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。きちんと裏をとっておけば、あとはもう好きなように締めあげてやるまでです。
それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。
転職や家庭崩壊など、碌なことにならないですよ。
それを分かってて不倫するほうが悪いんです。興信所に尾行調査等を頼む際は、標準的な料金というものを調べておかないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。
時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と見積もっておくと良いでしょう。たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、依頼者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。
浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、性的な関係を持っていることを言います。
もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料の支払いを申し立てることができます。興信所に調査を依頼し、配偶者の浮気の証拠をおさえ、不倫行為への慰謝料を要求することで不倫関係を一気に解消させるというケースも多いです。
名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけだと言えます。探偵業を営むという点で共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。
不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。
と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、会社によってそれぞれ微妙に異なるため、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。
安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょう。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。ただ、最近はインターネットがあることですし、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。
代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いわりに調査がイマイチな会社に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、費用と実績がうまく合致したところを見つけ出すしかないのです。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。
そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。専門家に話を聞いてもらいながら、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。不倫という許しがたい理由で離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、積極的に将来のことを考えられなくなることも多いようです。
離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、調査期間中にその行動が見られなかったケースです。しかし、調査が未熟なことで証拠をあげられないというケースもないわけではなく、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を事前にリサーチしておくことが不可欠です。
そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。
単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、相手と近い関係であるほど追跡が発覚しやすいばかりか、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も想定しておかなければいけません。
同じことでも探偵に依頼すれば、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに目的を完遂することができるでしょう。
裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。
探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、時には極端に高い料金を請求してきたりする場合もあるようです。
しかし、高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、一概に釣り合っているとは言えません。せっかく時間とお金を費やしておきながら、浮気の証拠はありませんでしたなどということにならないために、費用の相場を、契約を交わす前に知っておくと良いでしょう。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。
最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。そんなGPSを設置できれば、追尾の成功率はグンと上がるのです。